スターウォーズ

スターウォーズ映画動画無料エピソード6ジェダイの帰還パンドラデイリーで見れるの?

更新日:

映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」はpandora,youtube,Dailymotion,MIOMIOなどの動画サイトで無料、見逃し、再放送は見れるのか調て見ました。

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

しかし、これらの動画サイトでは映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」の動画は見つかりませんでした。

映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」は公式動画配信UNEXTで無料で視聴できます。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」のあらすじネタバレ

ルーク、親友ハン・ソロを助けに向かう

遠い昔はるかかなたの銀河系で…

ルークは悪党ジャバ・ザ・ハットから親友ハン・ソロを救うために、故郷タトゥイーンに戻りました。

一方の帝国軍は、要塞デス・スターを強大にして再建しようとしていました。

ジャバ・ザ・ハットのアジト

ダース・ベイダーのテーマと共に、悪の帝王ベイダーが登場!部下に、陛下が来るので、要塞完成を急ぐようにと、命令します。

C-3POとR2-D2が、ルークからの伝言を持ってジャバのアジトへと行きます。大勢のエイリアンたちがドロイド二人をジャバの元へと連れて行きます。

R2-D2が、ジャバの前でルークのメッセージ映像を流します。どうかソロを助けてほしい、親善の印に、ドロイド二人を渡すと。驚くC-3PO。そりゃそーだ!

ジャバは取引に応じません。壁には凍ったソロの姿が飾られています。

奇妙な生物たちが歌い踊るジャバの宴。キュートすぎる!!しかも演奏は超本格的!スターウォーズの魅力が炸裂してる場面です!!

その最中に商人が現れ、ジャバにチューバッカを売りつけます。

レイア姫が凍ったハン・ソロをとかす!

夜になり、皆寝静まった宴の会場。先ほどの商人がハン・ソロのもとへと近づきます。ボタンを押してソロを下ろし、氷を溶かします。

解凍されたソロは床に倒れこみます。目が見えにくいと言うソロに、商人はやがて見えるようになるとなだめます。商人がマスクをとると、それはレイア姫でした!!熱く口づけを交わす二人。

しかしその時大きな笑い声が!ジャバが全部見ていたのです。

再びソロは捕らわれ、レイアはジャバの奴隷となります。牢屋でソロとチューイは再会します。

ルークがジャバのアジトにやって来た!

ジャバの住処にルーク・スカイウォーカー登場!!ジェダイの彼は術で手下の心を操って、難なく中に入り込みます。

ルークの目の前には、ジャバに捕らわれているレイア姫の姿が。うわー!ウルトラセクシーな服着せられてます~!ジャバってすごい・・・アラブのハーレムみたい。

ルークはジャバに、仲間たちを渡さねば命はないと言いますが、ジャバは拒否してルークを地下室に落とします。その混乱の中、レイアのもとへ紛れ込んだランドが近寄ります。

地下室の奥から、巨大生物ランコアが現れます。上から様子を見て興奮するジャバたち。ルークはスイッチに気づいて、ドアでランコアを挟んで倒します。

怒ったジャバは、ルーク、ソロ、チューイを、カークーンの大穴にいるサルラックに食わせて処刑すると申し渡します。再会の喜びもつかの間です。

砂漠でジャバと激しく戦うルークたち

ルークたちを砂漠へと輸送する船。その隣を、ジャバたちの宴会豪華船も飛びます。レイアも、R2-D2もC-3POも一緒です。

サルラックの穴に落とされそうになったルークは、R2-D2からライトセーバーを受け取って敵に襲いかかります。

さあ派手な戦闘シーンの始まり!!大きなみどころです!!

ランドも参戦しますが、サルラックの穴の上で宙づりにされてしまいます。

レイア姫は果敢にチェーンでジャバの首を締めあげます。とうとう動かなくなったジャバ。

その頃、ソロとランドは一緒に宙づりとなってしまい、チューイが必死でおさえています。ランドの足をサルラックの触手引き込もうとした時、やっと目が見え始めたソロが、サルラックを撃ち倒します。

ルークたちは全員そろって船に乗り込み逃げ去ります。

マスター・ヨーダの死

ルークは一人別機に乗り、彼はヨーダのもとへ戻ります。

ルークはヨーダのもとへ。ヨーダはすっかり衰えていました。ジェダイも死からは逃れられないのです。ルークにはもう修行は必要ない、しかしベイダーとの対決を終えて初めてジェダイになれるのだと諭します。

ベイダーがルークの父親であることを認めるヨーダ。そして、暗黒面に入ってしまえば永遠に支配され、父を同じ苦しみを味わうことになると教えます。

ルークの家系はフォースが強いから、学んだことを次代に伝えよと言って、ヨーダは息を引き取ります。

レイア姫はルークの双子の妹だった!

一人では無理だと悩むルークの前に、オビ=ワンが現れます。

オビ=ワンには、ルークの父、アナキンのフォースの強さに驚いたことや、ヨーダのようには彼を導けなかったことを話します。

オビ=ワンと話すうちに、レイアが自分の妹だと気づくルーク。オビ=ワンは、皇帝はルークのやさしさにつけこんでくるから気を付けるように言うのでした。

未完成のデス・スター攻撃を決めた反乱軍

反乱軍は、未完成のデス・スターを攻撃するのは今がチャンスだと話し合います。敵艦内では皇帝自らが指揮をとっていることも明らかとなります。

デス・スター周辺には強固な防御シールドがあり、惑星エンドアにある発生器を破壊しなければ攻撃できません。そこでエンドアに潜入隊が入りシールドを破壊してから、戦闘機が反応炉を爆破する作戦が立てられました。

メイン反応炉を爆破する戦闘機の攻撃隊長が、ソロの旧友ランド。潜入隊にはソロ、レイア、ルークらが入ります。奪った帝国軍のシャトルでエンドアに潜入する作戦です。

ルークの様子がおかしいことに気づくレイア姫。何かあったのかと聞きますが、ルークはいつか話すと答えるのでした。

ベイダーはマスターから、エンドア裏側へと全艦隊を待機させるように命令を受けます。

帝国軍シャトルに乗る潜入隊は、無線で帝国軍に確認を受けます。ルークとベイダーは、互いに目の前の船に乗っていることに気づきます。自分のせいでウソがばれてしまうと悩むルーク。そんな中、潜入機は無事シールド解除を認められ、無事エンドアに到着します。それはベイダーの罠でした。

惑星エンドアでイウォーク族に捕らわれたルーク一行

エンドアに到着したルークたち。ソロはチューイと、見張りの帝国軍を倒しに向かいます。

しかし物音を立ててしまったソロは劣勢となり、ルークとレイアが加勢します。二人は逃げる敵のエアバイクを追いかけます。すごいスピード感!!わくわくのシーンです。レイア姫肝すわってるなーさすがスカイウォーカーの子孫!

激闘の末、ルークはライトセーバーで敵を斬りつけて倒します。

ソロのもとへルークが戻りましたが、はぐれたレイアの姿がありません。その頃、レイアは小さなクマのような姿のイウォーク族と親しくなっていました。

ダース・ベイダーは、陛下に反乱軍のエンドア侵入を告げます。自分の息子も一緒だと伝えると、マスターは自分のところへ連れてくるようにと命令します。

レイアの捜索するソロたちでしたが、全員イウォーク族の罠につかまってしまいます。彼らのアジトへと連れていかれるルークたち。イウォーク族はC-3POのことを神と勘違いしています。

宴が始まり、丸焼きにされそうになるソロ。祟りが起こるからソロを離せと脅しましたが、イウォーク族は信じません。

仕方なく、ルークはフォースでC-3POを宙に浮かせてみせます。イウォーク族は大パニック!やっとソロとルークを解放します。

レイア姫は双子の妹であると話すルーク

イウォーク族に仲間と認められ、シールド発生地へ案内してもらえることになりました。

夜、ルークはレイアに話します。ベイダーが実の父であり、この森の月にいること。そして自分は彼と対決することを。

そしてレイアが妹だという真実を話します。レイアはわかっていたと答えます。

レイアに残るように言い、ルークは善の心が残っている父と対決しに出発します。

ソロはレイアとルークの仲を勘違いして嫉妬してしまいます。しかし、すぐに素直に謝り、ソロとレイアは固く抱きしめ合うのでした。この二人のラブラブシーンは、緊張感ある闘いの中で大きな癒しです(。・ω・。)ノ♡

ベイダーと皇帝に会うルーク

ルークはダース・ベイダーに投降します。ルークは父の本名アナキンの名を出します。皇帝もアナキンの善の心を消せなかった。だから今回も皇帝には渡さない、と必死で父に語りかけます。

しかしベイダーは否定し、皇帝には逆らえない、お前は暗黒面のこわさを知らないと答えます。皇帝からフォースの神髄を学べと言うベイダー。

ルークは傷つき、父は本当に死んだと呟くのでした。

陛下のもとへ連れて行かれたルーク。お前の修行を終わらせてやる皇帝が語りかけます。そしてルークのライトサーバーを取り上げます。

マスターは、わざと発生器の場所を反乱軍に教えて、待ち伏せしている事実を教えます。単純なソロ、ひっかかりそうで心配です・・・

ソロたち、とうとうシールド発生機の中へ入り込む!

シールド発生器入口、イウォーク族が囮となって、帝国軍の見張りを追い払います。うまく入りこむソロたち。しかし彼らに、新たに帝国軍が攻め入ります。

戦闘機に乗るランドたちはシールドがまだ解除されていないことに気づきます。大勢の敵と激しく攻撃し合う反乱軍。

その反乱軍が苦境に陥っている様を、ルークは窓から見せられていました。ルークの憎しみの感情を皇帝があおりますが、ルークは必死で抵抗します。

ソロたちは捕まり外へ連れ出されたところを、大勢のイウォーク族たちによって助けられます。イウォーク族の原始的な武器、すごい威力です!チューイはイウォーク族と協力して敵のウォーカーを奪い取り、帝国軍を撃ちまくります。

ソロはシールド機械をショートさせることを思いつき実行しますが、なかなかドアを開けられないうち、とうとうレイアが敵に肩を撃たれてしまいます。帝国軍に取り囲まれた二人。絶対絶命!?

しかし、レイアは銃を隠し持っていました。ハンが「愛してる」と言い「分かってる」と答えるレイア。エピソード5で、氷漬けにされるハンを前にして言ったセリフの逆バージョン!萌えます~なんてオシャレなシーン!!

レイアが敵を撃ち倒します。駆け付けたチューイ達のウォーカーから、ソロはが帝国軍に無線で援軍をウソ要請をします。

そしてソロたちは現れた帝国軍を取り囲み、とうとう室内に入り込むことに成功します。

ダース・ベイダーがルークを助けた!

ルークの目の前で皇帝が反乱軍へ攻撃を開始します。デス・スターはすでに完成していたのです。次々に撃墜される仲間の姿を見て、怒りを抑えきれなくなったルークは、とうとうライトサーバーを奪いとります。高笑いするマスター。

とうとうベイダーとルークの一騎打ちが始まります。父とは戦わないと言い続けるルークにベイダーが斬りかかります。ライトサーバーでの熾烈な闘い。父の心の乱れをルークは指摘しますがベイダー拒否します。

ベイダーは暗黒面にこなければ仲間は救えないと言ってルークは脅します。ルークの妹・レイアを生贄にするという言葉に、ルークの怒りはとうとう爆発してしまいます。

激しい戦闘の末、ルークはベイダーの腕を切り落とします。ベイダーのサイボーグの腕に気づいたルークはライトセーバーを投げ捨て、マスターの負けだと告げます。自分も父もジェダイなのだと。

仲間になろうとしないルークを、皇帝がフォースで攻撃します。苦しみ悶えるルークを見たベイダーは、皇帝の体を持ち上げて奈落へと投げ落とします。

ルークは自分を助けたベイダーを抱きしめます。

父を抱えて逃げようとするルークに、ベイダーが自分のマスクを外すように言います。死ぬ前に息子の顔を見たいと言うベイダー。ルークはうなずいてマスクを外します。

自分のことはもう置いて行けと言う父を、必死で助けようとするルーク。父はルークに礼を言い、妹にも自分に善が残っていたことを伝えてくれるように言って、息を引き取ります。うなだれるルーク。

反乱軍、帝国軍要塞デス・スターを爆破!!

その頃、ソロは機器に爆弾を仕掛けてシールドを消滅させます。戦闘機のランドたちは反応炉攻撃へ一気に攻め込みます。見事にミサイルを命中させ、反応炉を破壊しました。激しく爆発したデス・スター!!

それをみつめていたイウォーク族とドロイドたちは歓喜に湧きます。ソロは、ルークはきっと大丈夫だとレイアを慰めます。しかし、自身で彼が生きてることを感じるレイア。

事情を知らないソロはまたルークとレイアの仲を勘違いします。ルークを愛しているというレイアの言葉に、もう二人の邪魔はしないと言って沈み込むハン・ソロ。

レイア笑いながら、ルークが双子の兄だということを話してソロにキスします。喜びの笑みに変わるソロ。二人はもう一度キスするのでした。

ルークは一人、父の亡骸を炎で葬ります。

結末 勝利を祝福し合う仲間たち

反乱軍の勝利を喜ぶ仲間たち。祝福の宴に歌い踊ります。

仲間同志で熱く抱き合います。ランドとソロ。チューイとランド。そして帰還したルークと、レイア姫。そこにソロも抱き合います。そしてもちろんソロとレイアも。

ルークの目に、幽体のオビ=ワン、ヨーダ、そして若き日のアナキンの姿が見えます。レイアもルークに寄り添います。

笑顔で皆、平和を祝福し合うのでした。

映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」の見どころ

父と子の対決と和解 

今回の一番のテーマは、ルークと、彼の実の父、ダース・ベイダーとの対決とその後の和解です!

ルークは悪に堕ちた父を助け出すという、難題に正面から挑みます。「戦わない。憎まない」という、非暴力で対決しようとするルークの切実な思いに、胸打たれました。

ルークの剣で結局父は命を落としますが、父はルークに魂を救われたことを感謝して逝きます。一人で父を火葬するルークの辛さ、しみましたー。

正義と悪という単純な構図ではなく、人の魂の救済と和解をテーマに据えたことで、このシリーズ3作目はより深い内容となっています。

ルークの心身の成長 

内容に深みを与えたのは、ひとえにルークの人間的成長にあります。彼は、ベイダーが父であるという厳しい真実を正面から受け止め、倒すのではなく善へと引き戻すことに命を賭けます。はねつけられても信念を曲げないルークに、私たちは大きな勇気をもらいました!

ジェダイとして、憎しみに身を任さず生きる道を会得。武術も、精神の安定と共に成長し、ベイダーに決して撃ち負けることがありません。

作を重ねるごとにたくましくなるルークの姿に、私たちはいつも「希望」を感じるのです。

妹レイアとの絆もみどころでした。おてんば姫レイアがルークの双子の妹という展開にびっくりしましたが、これまでの二人の深いつながりが自然なものだったことを理解できます。いつか姫もフォースを習得するのかも?とても楽しみです!

数々の激しい戦闘シーン

本作も戦闘シーンは臨場感溢れてみどころいっぱいです!

ジャバアジトの地下室にいた巨大生物ランコアとの闘いを皮切りに、砂漠でのルークたちとジャバとの闘い。惑星エンドアでのエアバイクに飛び乗っての帝国軍とのスピード感あふれる戦闘。

そしてイウォーク族が帝国軍相手に繰り広げる、投げ石や巨木という原始的で威力ある攻撃は一番のみどころ!常に群れで協力し合って戦う姿に見惚れてしまいます。

「昔々のお話」という言葉通りの原始的な部分と、近未来的な銀河戦闘機などとの共存が、スターウォーズ一番のみどころです!

そしてルーク、ベイダーの一騎打ち。心理面も手伝って一番迫力あるシーンとなっています。

ランドら戦闘機が、銀河で繰り広げた帝国軍との戦闘シーンは、スターウォーズを象徴する場面。ファンにはたまらない映像ですよね!

マスターヨーダとの別れ

ルークは父ベイダーとの別れを経験しますが、その前にヨーダも見送っています。スターウォーズを象徴する二人のキャラクターに別れを告げた本作。

ヨーダは900歳であることが明かされ、老衰で死んでいきます。孫が自然の摂理として老人を見送るかのようなシーンがとても印象的です。

スターウォーズの一時代を見送るような寂しさを感じたファンは多かったのではないでしょうか。でも穏やかな死をヨーダが迎えられたことへの安堵感もありました。

これからも、幽体で私たちにそのキュートな姿を変わらず見せてくれることを期待しましょう!

映画「スターウォーズ」エピソード6「ジェダイの帰還」の見どころ感想気になったこと

エンドアの先住民族がコミカルでかわいいです

エンドアで、ハンソロやレイアと一緒に帝国軍と戦った、先住民族の走る姿がとてもかわいく、でも戦う時の顔つきはとてもどう猛で、すごく良い味を出しているなぁと改めて思いました。

ジェダイの帰還は、エンドアのストーリーがなければ、かなり暗く悲しい内容でもあるのですが、あのかわいらしい存在感がところどころに見られると、なんとなくほっこりとして、微笑ましい気持ちにもなれます。

パルパティンの凄まじいダークなオーラでゾクゾクしたり、ルークとダースヴェーダーとの関係性で切なくなったり苦しくなったりする局面と、エンドアでのほっこりできる局面で、観たことのあるストーリーなはずだったのに、改めてたくさんの感情が湧いてくるのを実感しました。

親子、兄妹での絆の大きさ

見どころとしては、如何に帝国と戦うか、如何に皇帝を倒すかという事だと思います。

感想としては、ジャバとの対決するけどリュークのホースの力は大したことはないな~と感じる。このシーンはガッカリです。

次にヨーダが亡くなるのは残念です、気に入っていた人物でしたから。まあここで妹が居ることが判明する訳ですが。

敵の基地に潜入しレイヤが会う名前が出てこないが、毛むくじゃらな小さな生物は可愛いと思います。この生物がかなり活躍するのは非常に面白いと思います。

最後に、皇帝との対決についてですが、まずダースベーダとの対決することになり、勝利して皇帝との対決することになりましたが、ダースベーダが父親としての意識を取り戻し、皇帝を倒しましたが、これが案外簡単に倒されてしまいますので、もう少し考えて欲しかったな~と感じました。

今の時代にも輝くフォース

最先端のビジュアルエフェクトを駆使した今のSF映画と比べると、レトロなムードを感じることができるロボットや宇宙船が良かったです。

同じ鎧を身にまとい均一化された帝国軍に対して、人間・モンスター・ロボットの種族を超えた反乱軍が立ち向かっていく様子が痛快でした。

異なる価値観や多様性を受け入れることの大切さは、今の時代にも繋がるものがありました。

クライマックスシーンでの、ルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの一騎打ちのバトルシーンが迫力満点でした。

才能に恵まれたふたりのジェダイの運命を分けた原因についても考えさせられました。使い方を誤ってしまうと自らに災いをもたらすフォースには、原子力を思い浮かべてしまいました。

「ダース・ベイダー」と、「ルーク」父子の対決が見どころ

なかなか盛り上がりの多い作品です。「ダース・ベイダー」と、「ルーク」「レイア姫」の関係があきらかにされ、「ハン・ソロ」は、救出されます。

とらわれた「レイア姫」が、「ジャバ・ザ・ハット」のまえに引き据えられているシーンが、印象的です。

「ジャバ・ザ・ハット」は、夢に見るほどの醜悪な出来栄えで、忘れられないバイプレーヤーです。

今から思うと、特撮がまだ未熟で、「イウォーク族」などは、今の技術だったらもっと良くできるのだろうにと、思います。

1983年の公開ですから、もう30年以上前の作品です。何回見たでしょうか?覚えていないほど見ていますが、見るたびに新しい発見のある映画です。

何度見ても飽きないということは、それだけ良くできた、素晴らしい映画だと言えるのでしょう。何度見ても、また見たい映画です。

でも?やっぱり面白いな、スターウォーズ

スターウォーズシリーズは内容(ストーリー)がイマイチだけど好きな映画の一つ。

好きな理由の一つが出てくる乗り物や建物の凄さ。このジェダイの帰還も他の作品に劣らず凄い。動きがリアルでバイクに乗って戦っているところの臨場感も凄い。

もう一つが出てくるキャラクターの強烈さ。ルークがハンソロを助けにいく冒頭のシーンではカエルやイノシシなどのバケモノ的なキャラクターが印象的。

三つ目の理由は戦うシーン。砂漠上で船上での戦うシーンは見ていてワクワクした。

ジェダイの最後のひとりとなったルークが、若いが故の頼りなさと俺はできるという二つが混ざって展開していく中で、しっかり成長していく様と、フォースは力の源だが憎しみと恐怖に負けると暗黒の世界に引きずり込まれるというところはストーリーがイマイチなシリーズではありますが良いと思います。

イウォークの可愛さをぜひ知ってほしい!

有名な作品とはいえ、全シリーズを見たことはなく、エピソード1〜3しか今までに見ていませんでした。

エピソードが前後する作品という事で、その当時のCGやロボット技術の違いが見所の1つかと思います。

個人的にお気に入りは主人公達をサポートしてくれた小柄な種族イウォーク。レイアと出会うシーンのイウォークが食べ物につられて心を開くところがとても可愛いです。

帝国軍の先進的な武器にもめげずに原始的な攻撃手段で対抗していた姿も頼もしかったです。

また、多彩な種族が登場しますが特殊メイクや着ぐるみ、衣装などにも注目です。

その当時の技術力が集結した素晴らしい作品だと思います。全エピソード見直してC-3POやR2-D2の細かな違いを確認して見たくなりました。

どうしても、ラストがおかしい

前作「帝国の逆襲」でダース・ベイダーから父であることを知らされ、彼に敗れたルークが更に修行を重ねてジェダイとして成長し、最後は「敵」であったはずの父と力を合わせて帝国の皇帝を倒すという展開は、わかっていてもやはり感動します。

特に、やっとわかりあえた親子が少しの会話の後に永遠の別れがやってくるというのは、それまでの3作の流れの結末としては悲しい気がします。

現在テレビなどで見ることができるバージョンはラストが公開当時のものとは違って、アナキン、ヨーダ、オビワンの3人が笑っているシーンでオリジナル版ではアナキン役がエピソード4~6でアナダース・ベイダー役を演じていた セバスチャン・ショウという役者さんだったのが、新しいバージョンではエピソード2と3でアナキン役を演じたヘイデン・クリステンセンに代わっています。

だったら、オビワンも代えないとおかしいのでは・・・と思うのですが、オビワン役はオリジナル版同様、アレック・ギネスが登場します。

このシーンに対して賛否両論あると思いますが、個人的には「おかしい」と思っています。まあ、そのシーンを楽しむ、というのもアリでしょうけど。

ルークとベイダーの親子愛に涙

旧3部作の3作目の完結編という事で、ルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの親子関係にどう終止符が打たれるのかが個人的には一番の見所です。

今作では個性豊かなキャラクターも数多く出演しており、惑星タトゥイーンを拠点に悪事を働くギャングのボス、ジャバ・ザ・ハットやエンドアの森の惑星で出会うイウォーク達はめちゃくちゃかわいいです。

そしてスターウォーズと言えばCGをふんだんに使った戦闘シーンですが今作で一番ハラハラ・ドキドキしたのがエンドアの森でルークとレイアがスピーダーバイクに乗ってトルーパーと高速での追跡劇はほんとに手に汗握る名シーンだと思います。

クライマックスの親子対決そして皇帝シスとのバトル!

シスの攻撃に反撃すら出来ないルークを黙って見ていたベイダーが「やめろー!」と叫びながらシスを持ち上げ奈落に落とすシーンは見ていて、暗黒面に落ちたはずのベイダーの心の片隅にまだアナキン・スカイウォーカーの深い親心が残っていて、その後ベイダーが息絶える前にルークに言った「死ぬ前に一度でいいから肉眼で息子の姿を見たい」、この言葉に込められた思いを想像するとほんと泣けました。

自分はこの作品がキッカケでスターウォーズのファンになりました。

ルークとベイダーの親子愛に涙

旧3部作の3作目の完結編という事で、ルーク・スカイウォーカーとダース・ベイダーの親子関係にどう終止符が打たれるのかが個人的には一番の見所です。

今作では個性豊かなキャラクターも数多く出演しており、惑星タトゥイーンを拠点に悪事を働くギャングのボス、ジャバ・ザ・ハットやエンドアの森の惑星で出会うイウォーク達はめちゃくちゃかわいいです。

そしてスターウォーズと言えばCGをふんだんに使った戦闘シーンですが今作で一番ハラハラ・ドキドキしたのがエンドアの森でルークとレイアがスピーダーバイクに乗ってトルーパーと高速での追跡劇はほんとに手に汗握る名シーンだと思います。

クライマックスの親子対決そして皇帝シスとのバトル!

シスの攻撃に反撃すら出来ないルークを黙って見ていたベイダーが「やめろー!」と叫びながらシスを持ち上げ奈落に落とすシーンは見ていて、暗黒面に落ちたはずのベイダーの心の片隅にまだアナキン・スカイウォーカーの深い親心が残っていて、その後ベイダーが息絶える前にルークに言った「死ぬ前に一度でいいから肉眼で息子の姿を見たい」、この言葉に込められた思いを想像するとほんと泣けました。

自分はこの作品がキッカケでスターウォーズのファンになりました。

今まで見たことのなかった場面が!

これまでにも、テレビで放送された時の番組を録画してあったので、何度もジェダイの帰還は観ていましたし、初期の三部作の中では、一番好きなストーリーでした。

今回の金曜ロードショーでは、デススターを撃破した後に、あちこちの惑星で人びとの喜ぶ姿が描かれていたのですが、わたしの記憶では、以前に放送された回ではそんな場面は出てこなかったと思うので、思わずましまじと見てしまいました。

エピソード6としては珍しく、カラフルな、多分CGが使われていて、今日は最後までしっかり観ておいてよかった〜と思いました。

皇帝と戦うルークを見ていたダースヴェーダーが、ダークサイドから抜け出して、父の顔になる場面は、何度みても心を打たれました。
⇓   ⇓   ⇓
1977年エピソード4新たなる希望
1980年エピソード5帝国の逆襲

1999年エピソード1ファントム・メナス
2002年エピソード2クローンの攻撃
2005年エピソード3シスの復讐
2015年エピソード7フォースの覚醒
2017年エピソード8最後のジェダイ

映画「スターウォーズ」エピソード6ジェダイの帰還はどこで見れるの?

映画「スターウォーズ」エピソード6ジェダイの帰還は公式動画配信unextで見れます。

u-nextは、現在お試しキャンペーン中で初回登録の方は、なんと31日間無料で利用ができます。


u-nextで映画映画「スターウォーズ」エピソード6ジェダイの帰還を無料で見る!
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

本ページの情報は2018年11月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

■U-NEXT の配信本数、見放題作品について

1.見放題作品 80,000 本、レンタル作品 50,000 本を配信しております。(2018 年 10 月 10 日時点)

2.U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。

・ビデオ見放題サービス 1,990 円を 31 日間無料

・600 円分の U-NEXT ポイントをプレゼント

上記特典を利用することで、見放題作品 80,000 本を 31 日間無料でご視聴が可能です。

3.「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1 ポイント 1 円(税込)相当として利用可能です。

無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

このキャンペーンはいつ終わるかわかりませんお早めに。
⇓  ⇓  ⇓
31日間無料キャンペーン中【unext】

-スターウォーズ

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.