ヘッドハンター

ヘッドハンタードラマ見逃し1話~最終回パンドラデイリーミオミオ9tsuで見れるの?

投稿日:

ドラマBiz「ヘッドハンター」の動画1話~11話最終回の再放送見逃し無料視聴はpandora,デイリー,youtube,MIOMIO,9tsu, bilibiliで見れるのか調べてみました。

ドラマBiz「ヘッドハンター」の動画1話~11話最終回の再放送見逃し無料視聴は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO
9tsu
bilibili

などの違法動画では残念ながら見つかりませんでした。

ドラマBiz「ヘッドハンター」の動画1話はTVERで2018年4月23日22:53分に配信終了予定です。

TVERで無料でヘッドハンター1話を見る

ドラマBiz「ヘッドハンター」キャスト

江口洋介(役:黒澤和樹)
小池栄子(役:赤城響子 )
杉本哲太(役:灰谷哲也 )
平山浩行(役:眞城昭)
徳永えり(役:舘林美憂)

山賀琴子(役:及川百合)

武井恭平(役:岡田龍太郎)

ドラマBiz「ヘッドハンター」1話ゲスト

北村有起哉(谷口孝雄)マルヨシ社員

高橋克実(五十嵐文雄)マルヨシ社員

長谷川初範(横河龍一)マルヨシ社長

内田恭子(キャスター)

ドラマBiz「ヘッドハンター」1話あらすじ

ヘッドハンターとは、企業の要望に応え、必要な人材の転職を斡旋する者をいう。この物語はヘッドハンターを生業とするひとりの男・黒澤和樹(江口洋介)を通じ、転職にまつわる様々な人間模様を描く新しいヒューマンドラマ。対象者の心の奥深くまで入り込み、選択を迫ってゆく強引なやり方に、ある者は“救われた”といい、ある者は“酷い目にあった”という。はたして黒澤は、人生の転機に現れた救世主か?それとも悪魔か?

大手家電メーカーのマルヨシ製作所の社長・横河は大勢のマスコミを前に、大幅な構造改革を発表する。その様子を会議室のモニターで見ていた技術者の谷口は、消極的な経営方針にうんざり顔。その時、彼の脳裏にある言葉がフラッシュバックする。

「あなたの値段、知りたいと思いませんか?」…数日前、谷口は「SAGASU」代表のヘッドハンター・黒澤にそんな言葉ともに転職の誘いを受けた。音響機器のエンジニアとしての手腕が買われての引き抜き話だった。だが過去に3度転職を断った谷口は慎重な態度を崩さない。一体、何が彼の決断を鈍らせているのか?

「SAGASU」は黒澤、灰谷哲也(杉本哲太)、舘林美憂(徳永えり)、わずか3名という弱小人材紹介会社。難攻不落の難しい転職案件ばかりを扱っている。黒澤は経歴が謎で、30年の付き合いがある灰谷ですら詳細を知らない。二人の仲も複雑なようだ。 灰谷と美憂は、とあるパーティーの席で、転職斡旋会社最大手「ブリッジ」の赤城響子(小池栄子)に出くわす。業界の信用度向上を目指す彼女は、乱暴な黒澤の仕事ぶりを嫌悪し、あからさまにライバル心を燃やす。

家族や先輩への想いから転職を決断できずにいる谷口に、黒澤は「あなたにとって一番大切なものは何か?」と問う。はたして黒澤は谷口のヘッドハントを成功させられるのか?

ドラマBiz「ヘッドハンター」1話ネタバレ結末

黒沢は見事に谷口のヘッドハンターを成功させた。

谷口が転職を渋っていたのは、もちろん転職先で本当に自分がやりたい仕事をできるのか?

転職した会社が潰れるってことはないのか

そして、尊敬する先輩の高橋克実(五十嵐文雄)マルヨシ社員にも、一緒にまるよしを辞めて企業しないかと誘われていたからだった。

しかし、その誘いを断り転職した谷口が転職先の会社に出社すると、なんと先輩の高橋克実も転職していた。

高橋は谷口と違い小会社なので、給料は半分になるそうだが、また開発の仕事ができるので、うきうきでいた。

黒沢はそこまで、考えてヘッドハンターをしていた!!!

ドラマBiz「ヘッドハンター」1話見どころ感想

どんな交渉術や人情ドラマが見られるのか楽しみです

転職の仲介をするヘッドハンティング業者が主役という珍しいドラマ。

第1話で転職を誘われたのは、現在勤めている会社に不満を持っている技術開発者。

しかし彼にも守らなければならない家族や裏切りたくない上司がいるため、転職の二文字が頭に浮かびつつも二の足を踏んでいる状態でした。

そこに江口洋介さん演じるヘッドハンター・黒澤が声をかけて何とか転職の方向に話を持っていこうとするわけですが、これが一筋縄ではいかず、押したり引いたりと駆け引きが面白かったです。

第1話は「こういう人材が欲しい」と「もっと違う環境で働きたい」という両者を上手く繋げられるかどうかというお話でしたが、今後は「転職なんて考えてもいないけど技術があるので誘われてしまった」なんて人との交渉もしていくのでしょうか?

そういう最初から転職に乗り気ではない人が相手の場合はどうするのかも気になりました。

他にも色々なパターンがありそうなので2話以降もどんな交渉術や人情ドラマが展開されるのかと楽しみです。

ヘッドハンティングする側・される側双方の心情がよく描かれたドラマ

ヘッドハンティングの難しさと中年代の転職の難しさの両方がシビアに描かれているなと思いました。

黒澤 和樹(江口洋介)の転職に対する人生観がすごく理解できます。「人のためじゃない、自分の人生・自分のための転職」彼が重視しているのはコレでしょう。

その一心で、ヘッドハンティングされる人と向き合う、また時には衝突する、ゆさぶりを掛ける…プロの仕事だなと思いました。

相手役が赤城 響子(小池栄子)という小娘では少し荷が重い気がします。

あとは、1話ゲストの北村有起哉の演技に感銘しました。

40代のサラリーマン・中間管理職の心情や置かれた立場を上手に演じていました。本当にこの人サラリーマン経験あるんじゃないかと思ったぐらいです。視聴者層は30代以降に限られると思いますが、40代で中間管理職経験者の私には、リアル感強く見ごたえがありました。

悩みを抱えた現代の大人たちが見るドラマ

普通に社会で働いていれば、会社の経営方針をトップが発表しても、その方針に対して「トップは実際の現場を知らずに机上の空論だな」と感じることは多々あると思います。そして、そうした会社のトップの考え方や方針に対してはアンチを感じていても、直属の上司であったり苦楽を共にしてきた同僚たち、後輩や部下たち、また、家族のことなどを考えると簡単に提示された条件比較だけでは転職を検討できません。

本ドラマでは、そうしたリアルに近い悩みに向き合う形の題材であり、「ドラマの中だけだよ」と感想を述べたくなるような浮ついたストーリーとは違います。

実際の自分たちの身の回りにもありそうな、大人が本気になって感情移入して見ることができる数少ないドラマではないでしょうか。

第1話を見る限りでは、かなりの高評価です。この高評価をラストまでキープできるのか?さらに良くなるのか?続きが楽しみで仕方ないです。

人を見る目はあると思う

久々に江口洋介さんが主演なので見ようと思います。

最近は、大御所役や脇役で拝見する機会が多くて、もったいない使いかたしてるなと思ってました。

ヘッドハンターは、引き抜き業で職をあっせんするので、引き抜かれた方は溜まったもんではありません。

スカウトされた人は、成功する補償はどこにもないので、江口洋介さんの見る目に掛かっています。

引き抜いた人を、最後まで面倒見なければならないので、失敗したらたいへんです。

会社の面接もそうですが、自分の短所を言う人は誰もいないと思います。

面接では、完全に良い演技をしてるので、本質は見抜けません。

アウトローが売りの、江口洋介さんは、簡単に見抜くのではないでしょうか?

まさにヘッドハンターです。

現代人の心を揺さぶるドラマ

ヘッドハンターは現代人の直面している問題を定義しつつ、見ている側をすかっとさせるドラマです。ドラマに出ているキャストも最高に良くそう揃いでした。江口洋介さんは大好きで、どのドラマのどんな役もかっこよく、印象も良いのです

今回は転職を斡旋する役ですが、過去やヘッドハンターをする使命は謎に包まれており、深そうな過去を匂わせています。ターゲットになる方の過去や事情がストーリーになりつつ、主人公黒澤を落とし入れようと周りが試行錯誤します。現代のは仕事の仕方を模索しつつありますが、自分の生活とのバランスは取れず仕事に押しつぶされている方がたくさんいます。

ドラマの中の問題を抱えている人々からヒントが貰えそうです。

-ヘッドハンター

Copyright© ドラブロ , 2020 All Rights Reserved.