記事にはプロモーションを含んでいます。

羽生結弦

羽生結弦選手はキモすぎるワロタ嫌いナルシストファンの思い

更新日:

羽生 結弦(はにゅう ゆづる)

生年月日: 1994年12月7日
出生地: 宮城県仙台市泉区
身長: 172 cm
体重: 57 kg

羽生結弦選手はキモすぎるワロタ嫌いナルシスト?

何故、天才スケーター羽生結弦は嫌われるのか

男子フィギアスケート会のプリンスとの異名を持つ天才スケーター羽生結弦。

他を寄せ付けない一級品のスケーティング技術に加え、氷上で圧倒的な演技力を持つ彼に魅了された女性ファンは多い。

事実、女子に比べて知名度が高くなかった男子フィギアスケートが、今日のように注目を浴び始めたことは彼個人の功績と言っても過言ではないだろう。

しかし、彼には熱烈なファンがいる一方で「ナルシストのようで嫌いだ」、「ヘラヘラしていて気持ちが悪い」等と反感を持つ人も少なくはない。

その要因の一つに挙げられるのが、「世間の望む繊細かつ天才肌のスケーター像」を彼が必死に演じようとしている様が、我々に透けて見えてしまう点である。

親や周りの大人達の目を気にしながら必死に子供らしい演技を見せるベテラン子役、殊更に舌足らずな話し方で必死にバカっぽいキャラになりきろうとする女性タレント。 

テレビの中で演じている、これらの人達が持つ見え透いた必死さに嫌悪感や痛さを感じる大人は多い。

天才スケーター羽生結弦に極端なアンチがいる理由も、これで頷けると言えよう。

ナルシスト風の振る舞い

羽生結弦さんについて好みの好き嫌いが、はっきり分かれると思います。

彼のマスコミ対応の手馴れた振る舞いは取材の際の営業スマイルに見られるように、マスコミ向けの演技だと私は思っています。

世間が望んでいる羽生結弦、に近くなるよう表と裏、カメラ前とプライベートで使い分けていると感じます。

ファンの方に悪口に聴こえたら申し訳ないですが、誕生日が同じ人間からすると周囲の人の表情を読んで物事に波風を立てたくない性格、良く言えば人に気を使わせていないようで、実は物凄く気を使う性格だからです。

そんなことでは人に疲れてしまわないか、と思うでしょうが元々の性分なのでこれが一番落ち着くのです。

ですので彼の営業スマイルがみられるうちは、まだマスコミ対応に余裕がある証拠です。

羽生結弦さんを今後も温かく見守って頂ければと思います。






⇓   ⇓   ⇓
⇓   ⇓   ⇓
産経グループが提供するオンライン英会話【4回分の完全無料体験】有料会員への自動入会はありません

パフォーマンス感満載、それに心酔する痛いおばさまファンも嫌いだ

嫌い

自分に酔っているところが嫌いだ

自分をヒーロとでも思っているのだろうか?

2014年GPシリーズ中国杯の6分間練習で他の選手と激突し出血した際、怪我をおして演技をしたこともあったが、そういうパフォーマンス的なことも嫌い。

「羽生選手は怪我してでも出場して高得点出したんた!甘えるな!」って言われる事例を作ったのはむしろ悪い例では?他選手のコンディションに悪影響だ。

羽生の痛いおばさんファンが嫌い。ゆえにそれも含めて羽生を嫌いになる。

キモい

プーさん好きな点を大々的に公表している点。

成人に達した大人がそれはないだろうという感じ。

自分なら2次元的なキャラ設定も許されると思っているようにしか思えない。

死ぬ直前まで滑って、フィニッシュの瞬間倒れて…なんてことをいつかやりそうでキモい

仕草とか表情がオカマっぽい。
⇓   ⇓   ⇓
【最大271日間】完全無料で試せる動画配信(VOD)はこちら!

自分のことを待ち望んでいる人がいるという自信にあふれている

日本中の人だけでなく、世界中に自分の怪我からの復活を待っていてくれる人がいるんだ!という根拠のない自信があることがすごいと思います。それを口に出さずに考えるだけなら、どうぞご自由に…と思いますが、自意識過剰でナルシスト以外のなにものでもないと思います。

そもそも、男性で身体にぴったりフィットする衣装でリンクの上で演技をするのだから、それくらいのナルシストでなければ出来ないと思いますが、顔だけ見れば、大してイケメンではなく、それでも女性を中心にファンが喜ぶ表情を見せるのは、やはりナルシストで、自分は愛されるキャラクターなんだという確固たる自信のあらわれだと思います。

20歳も過ぎた大人の男性が世界中のメディアの取材で、くまのプーさん好きだというのは、いかがなものかと思います。

羽生結弦の自信過剰な様子が腹立たしい。

メディアに登場する機会が多くなった羽生選手ですが、インタビューの様子を見ているだけで腹立たしく感じます。

丁寧な言葉遣いで対応してますが、表情や口調からは自分は特別な人間という態度がありありと見えます。
自分はスケートも上手いし女性からもモテてて、他の一般男子とは人種が違うとでも言いたいようなオーラで満ち溢れています。

彼は女性にモテるかもしれませんが、何も羨ましいとは思いません。人としての心の温かさに欠けているように感じますし、できない人間は見下すようなオーラを出している人間にはなりたくありません。

メディアもそろそろ彼をチヤホヤするのをやめて、もっと人間味あふれる選手に注目して温かい心になれる報道をして欲しいです。

世間の対応で羽生結弦のナルシストは悪化

羽生選手は競技者としては優秀な選手であるが、それ故に彼のナルシストぶりを悪化させたのも事実です。

もともとの性格は分かりませんが、テレビ出見る表情からナルシストな面は有名になる前から備わっているように感じます。それに輪をかけたのが世間の人気ぶりとメディアの反応です。

競技者としてだけで取り上げれば良かったのですが、そのルックスなどに注目することで世間の見る目がそちらの方に傾き、一部のファンが騒ぎ出すことで羽生人気が生まれてきました。

もともとナルシストの傾向のある人間がチヤホヤさられば、ますます調子に乗って自分のことが大好きになってしまいます。最近の羽生選手は、画面上で見るだけでもかなりの自己愛が伝わってきて気分が悪くなります。競技だけに集中して欲しいものです。

羽生結弦がテレビに映ると辛すぎる

羽生結弦といえば、異常なほどのナルシスト感が必要以上に出ているのがうざい。この前記者会見がテレビに映っている姿を目にしてしまったが、ナルシストだからだろうか表情が固まったろう人形のようで気持ちが悪くて直ぐにテレビのチャンネルを替えました。

どう見ても、男前ではないしかわいくもないのにお年寄りからチヤホヤされて単なる勘違いなのに、見た目まで自信をもってあんな俺様な雰囲気出すなんて馬鹿じゃないのかと思います。演技も下手なのに映画にまで堂々と出るとか、どこまでうぬぼれが強いんだと思います。ただスポーツができるだけで、すべてがすごいとは限らないのに周りの影響だけであそこまで自分に自信をもって行動する根性が意地汚い。

計算された作り笑顔がちょっと???

かわいがられて育ったのがよくわかります。どうすると皆が喜ぶのかを理解して表情を作っているのが、とにかくうんといったかんじです。演技を見るとスタイルも良く人気があるのはとても理解できますが、自分が人気があるのを分かっているなぁと思われる行動が鼻につきます。

演技後のわざとらしい笑顔がとても気持ち悪くてアップの映像が出ると目を背けてしまいます。自分に厳しく、1位になっても満足できないみたいな発言を聞くととても小生意気に見えます。

2位、3位の人の喜びを馬鹿にしているようにしか見えません。向上心があるぞアピールも良いと思いますが、応援してくれる人もいて、1位になったことをもっと素直に喜べばいいのにと思ってしまいます。俳優さんのように、良い子羽生結弦を作り上げて演じているところが気持ち悪くて大嫌いです。

なんかグレーゾーンに見えるのは私だけ?

彼と言っていいのか、彼女と言っていいものか悩む部分がいくつか見え隠れしている羽生君なんですが、その注目部分はやはり、彼はクマのプーさんが大好きで良くぬいぐるみを大切に抱っこしてる映像が流れたりしてます。

その映像が女子的に映ってしまってるのがその理由かもしれませんが、でも男性でましてあのくらいの男性があんなに胸に抱え込むようなぬいぐるみの持ち方は絶対にしないし、それに見た目を気にして好きでも映像に映らないように普通します。

そんな所が不自然になぜかグレーゾーンに見えてしまうんですね、それに今まで学生時代のお話とかも不思議と同級生が学校で友人関係はどうだったとか、そんな話しは伏せられているしで、まあ見た目ありえそうなんで、それならそれでやはりって思えます。

羽生結弦がナルシスト ウザいの声も!

歴代最強・絶対王者としてフィギュアスケート界に君臨しているのが、羽生結弦選手。女性を中心とした「ユヅリスト」なる熱狂的ファンの存在も有名なほどの、日本が誇るスーパースターです。そんな絶対王者に、ナルシストぶりがたえられないと感じる方もいるようです。

羽生選手と言えば、インタビューで自信満々にハキハキと答える姿を思い出しますよね。コメントが苦手な選手も多い中で、羽生選手はしゃべり慣れてるな~とか、どこで練習しているのかな~なんて考える方も多いのでは?でもコメントの練習をしているのを想像してしまうと、それよりも競技をして!って言いたくなるのもわかります。

とはいえ、そんなアンチの声を堂々の結果で跳ね返してきた羽生選手。もしやその姿に憧れる人間が多いのか...?


羽生結弦の気持ち悪さ

羽生結弦の昨年までのプーさん好きで自分が王者であるというような発言がナルシスト的で気持ち悪く見えます。ただ単純に、スケートで成績を残していなければ普通に気持ち悪い、イタい子という扱いであるだろうに、それだけで気持ち悪さを打ち消して評価されているのが気持ち悪くて気が済まないです。

また、それを持ち上げるような反応をするテレビや反応を示す視聴者などにも気持ち悪さを感じずにはいられません。王子や王者というブランディングは商業ベース的には効果を発揮しているのかもしれませんが、見ていて気持ち悪く感じないものなのかと、もうしても盛り上がっている人々を軽蔑の眼差しで見ざるを得ません。どういう感情なのでしょうか。冷静さを失っていると思います。


羽生選手は自分に酔いしれている

羽生結弦選手はテレビでいつも応援しているのですか、思う事がありました。私だけではないかもしれませんが、感情表現の仕方や話し方がかなりナルシストに思います。アスリートや演技芸術を仕事にする方はあのようになるのかなと見ていて思いましたがそれにしても、記者会見の様子などからナルシスト振りがひどかったように思います。

聞いていてもっと普通に話せないかなと思いますが、育ち方や性格もあるので一般の方とは違った性格をしているのだと思います。それも個性ですし、それがなければフィギアの表現力は備わらないのかと思います。普通に学校に通っていて私の周りに居たらかなり浮く存在になるだろうと思います。テレビを見る度に羽生ワールドが繰り広げられているように思います。

終始とても顔がナルシスト

演技など期待をされている分はすごいなと思い若いのに感心する部分はありますが演技の開始から最後まで(*^^*)がナルシストになって見えとても素直にかっこいいとは思えません!代名詞でもある陰陽師ですが曲の開始から陰陽師になりきりすごいとはおもいますがなんとなくすました感じが笑ってしまいます!

同じ競技の男性はそこまで思わないのですが演技後の笑顔だったり真剣な眼差しなどは伝わりかっこいいと思うのですが羽生選手だけはナルシスト感が伝わります!演技に入り込んでいき役になりきっていると思うのですがかっこいいよりナルシストが目立ちます!ただ日本を代表する全然なので頑張ってもらいたいのですが個人的には演技に笑いがでてしまいます!

⇓   ⇓   ⇓
【最大271日間】完全無料で試せる動画配信(VOD)はこちら!

羽生結弦選手のファンの思い

「羽生結弦」はなぜ「羽生結弦」という圧倒的存在であり続けているのか

羽生結弦選手の何に魅了されるのかといえば、やはりその圧倒的なオーラかもしれません。羽生選手を初めて見たときは「また新しい技術の高いスケーターが出てきた!」と思いましたが、そのうちにどんどん技術以上のオーラや雰囲気が出てきたように感じ、この選手は伝説になるんだなと確信しました。まるでリンクの妖精のような美しい演技も、妖しい雰囲気も演技も、ロックスターのような演技も、全て「羽生結弦」でどんなプログラムでも、圧倒されてしまうのです。また、その圧倒的なオーラは羽生選手の才能だけではなく、血のにじむような努力、それに耐えてきた精神力といったものが彼を形作っているからこそ、全身から滲み出てくるのかなと思っています。

羽生結弦選手の強さと美しさ

羽生結弦選手に対して、最初はなんて綺麗な名前の選手なんだと思いなんとなく注目していましたが、綺麗なのは決して名前だけではなく、スピンやジャンプなどフィギュアスケートの中の動きだけではなく普段の所作まで綺麗で、取材などを通して羽生結弦選手のプロ意識の高さを知れば知る程に驚かされました。

金メダルを獲っても常に上を目指し、自分の限界を超えて思い描いた理想の姿に近付こうと努力し挑戦し続ける姿は見ていてとても美しく、怪我をしていたり調子の悪い時でも自分のその時のコンディションで出来る精一杯のパフォーマンスをしている姿は圧巻です。

ただ強いだけではなく美しさを兼ね備えていながら人としての気遣いなど優しさも感じられる選手なので、世界中の人々が魅了されるのだと思います。

羽生結弦のジャンプはなぜ人々を虜にするのか。

羽生結弦は2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックとに大会続けての金メダリストという偉業を成し遂げ、2022年には惜しくも表彰台に届かなかったが前人未到の四回転アクセルに果敢に挑戦し、転倒はしたものの見事世界で初めて認定され、私達を感動の渦に巻き込んだことは記憶にも新しい。そんな一流のアスリートである彼のジャンプは誰が見ても美麗なものだが、一体どういった要素が他のスケーターと一線を隠しているのだろうか。まず一つは彼のジャンプは「高く」、そして「長い」。

そしてもう一つはその高く長い距離を飛ぶ間の姿勢、そして着氷に至るまで常に姿勢をまっすぐ伸ばしていることにある。そのため彼のジャンプは静と動のメリハリが取れた、白鳥が飛び立つような演技となるのである。



世界中の誰もが魅了されるフィギュアスケート界の王子、羽生結弦の魅力とは?

フィギュアスケート界の絶対的王者と言えば?と聞かれたら日本のみならず恐らく世界でも「羽生結弦」と答える人は少なくないと思います。

そんな世界を魅了する羽生結弦選手の魅力とは、まず圧倒的な「強さ」にあります。

オリンピックでは2度の金メダルを獲得し、世界選手権でも2度、グランドファイナルでは4度の優勝を果たしています。

そして、史上初の世界最高得点を達成し圧倒的な強さを見せつけました。更に、彼の強さはそれだけではなく、ケガを乗り越えどんな孤独を強いられても、
自分自身と向き合い、自身に掲げる課題を見事に達成していく凄さもあります。

そんな様々な意味の「強さ」が内面から美しい光となって彼を包みこみ、どんな時も絵になる美しい姿に世界中の人々は目が離せなくなってしまうのです。

彼のフィギュアスケートや人生に対する姿勢は演技にも現れ、指先まで美しいその姿はまるで氷の上を人ではない妖精や精霊が舞っているかのようです。誰もが引き込まれ魅了されてしまいます。「麗しい」という言葉がここまでぴったりと当てはまる人もそうはいないのではないでしょうか?




⇓   ⇓   ⇓
⇓   ⇓   ⇓
産経グループが提供するオンライン英会話【4回分の完全無料体験】有料会員への自動入会はありません

羽生結弦選手をいつまでもどんなことがあっても応援し続けたい

羽生結弦選手がプロに転向するニュースが飛び込んできました。今までオリンピックなどでの大活躍、ご苦労様と申し上げるとともに、益々の精進期待しています。

彼は震災とともに生きて、震災された人たちのために希望の光となった素晴らしい使命の人だと、いつも思っていました。私たち年齢を重ねた人間も、彼のすさまじい挑戦の心に、いつも鼓舞されてきました。

確かに不調の時もありました。色々と叩かれることもありました。使命の人とはいえ、人間ですから人生の波があるわけですから、絶不調な時もあるでしょう。でもその度に不死鳥のように飛翔していく姿に、何度涙を流したことか。

彼はある意味、人類を鼓舞するために生まれてきた稀有な存在です。その彼を私たちはどんなことがあっても応援し続けたい。そう思う日々です。

羽生結弦選手は日本の宝!

羽生結弦選手は日本フィギュアスケート界でも、随一のトップ選手だと思いますし、また、それに値する功績をいくつも残してきたとてもすごい選手です。

私が初めてみたのはソチオリンピックでしたが、あまりにも圧巻の演技で、他の選手を圧倒していたことを覚えています。

彼の演技は光って見えるほどで、オリンピックにおけるアジア人初の男子フィギュアスケート金メダルと言われても、納得しか出来ないほどでした。

また人格面も素晴らしく、東日本大震災の折には自身も多大な影響を受けたのに、その後の東北復興の際にはよく現地まで足を運んで慰問をするなどの、彼自身の人柄が見えるエピソードもたくさんあります。

今後、競技引退を含めてどうなるのかはわかりませんが、彼の演技は日本の宝であったことは永久に刻まれるでしょう。

麗しき大和男子

羽生結弦選手と言えば、日本フィギュア界の宝とも言えるメダリストです。常に自分に厳しく、目標に向かってひたむきに努力し続ける姿勢には誰もが心を打たれるでしょう。羽生選手は、そのスケーティング技術は言わずもがな、端正なビジュアルも最大の魅力と言えるのではないでしょうか。

均整のとれたスラリと伸びる手足から繰り広げられるジャンプやステップは、とてもしなやかで美しく、思わず息を飲んでしまうほどです。

まるでモデルのように小さな顔は、切長の目と筋の通った鼻筋が涼しげで、どこか高貴な雰囲気を漂わせています。極めて日本的な美的感覚に訴える麗しさが彼にはあります。2018年平昌五輪で金メダルを獲得した際も使われた「SEIMEI」は、そんな彼の魅力をこれ以上ないほどまでに生かしたフリープログラムです。
⇓   ⇓   ⇓
⇓   ⇓   ⇓
理想の彼氏が見るかるかもしれない?アプリはこちらです。

羽生結弦選手の凄さ

羽生結弦選手は、生まれ持ったルックスやスタイルが良いのは、もちろんですが、フィギュアスケーターとしての技術も、そして人間性も素晴らしすぎるほどの人物だと思います。

金メダリストであっても、報道陣に気を使っていたり、周りの人を良くみて配慮してくれているって本当にすごいことだと思います。

また、羽生結弦選手は、元々ぜんそくをもっていて、他の人よりも長い時間練習できる体ではないことや、震災も経験されていて、一見全てが恵まれているように見えても決して恵まれた環境でスケートをしてきた訳ではないので、いろいろな苦悩を乗り越えた先で、今の羽生結弦選手が存在するんだなと思うと本当に凄い人だなぁと羽生結弦選手の強さを感じます。

⇓   ⇓   ⇓
⇓   ⇓   ⇓
無料体験あり!【安いおすすめ】のオンライン英会話

『BLACKPINK WORLD TOUR「BORN PINK」JAPAN』の6月4日に京セラドームで行われる公演は、動画配信サービスのU-NEXTで見ることができます。

ライブ配信日時:2023年6月4日(日)16:00~配信終了時刻

見逃し配信:準備が整い次第~6月11日(日)23:59

【無料動画】BLACKPINK WORLD TOUR「BORN PINK」JAPAN動画の視聴方法はこちら

⇓  ⇓  ⇓
U-NEXT【31日間無料】お試し中

-羽生結弦

Copyright© vodドラマブログ無料動画配信サービス , 2024 All Rights Reserved.