パパ活

パパ活ドラマ動画1話無料pandora見逃し再放送デイリーあらすじネタバレで見れるの?

更新日:

ドラマ「パパ活」第1話の動画の無料視聴、見逃し、再放送はpandoraデイリーyoutubeで見れるのか調べてみました。

ドラマ「パパ活」第1話の動画は

pandora
youtube
Dailymotion
MIOMIO

などの違法動画は残念ながら見れませんでした。

しかも、そんな危険な違法動画サイトなど使わずにフジテレビ公式の動画配信FODを利用すれば安全に高画質、高音質でドラマ「パパ活」第1話の動画が見れます。


⇓   ⇓   ⇓
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

ドラマ「パパ活」の相関図キャスト


渡部篤郎(栗山航)
飯豊まりえ(赤間杏里)
健太郎(柿沢実)
霧島れいか(栗山菜摘)
橋本さとし(入江芳樹)
⇓   ⇓   ⇓
パパ活相関図キャスト

ドラマ「パパ活」の第1話のあらすじネタバレ

1人の若い女の子が、携帯でまくしたてています。ボブヘアのかわいいその娘の名は、赤間杏里(飯豊まりえ)。20歳の女子大生です。

「カメラマン助手の28歳のママの年下の彼氏が転がり込んできたの!キモ!で、私に出てってって。実の娘に!リク君は守るから、だって。私、敵かよ!!」

スーツケースをひいて大声で怒鳴り散らしながら、杏里は成泉学院大学のキャンパスに入っていきます。ひどく目立っている彼女を見て、大勢の学生たちが「何あれ?」と指さし笑います、彼女は全く気付きません。

電話口の友人に今晩泊めてもらおうとする彼女でしたが・・
「2-3日マユコのうちに・・・シェアハウス?ウソ!マジで!?」断られてしまいます。

杏里は仲良しの友達3人にしばらく泊めてくれるように頼みますが、全員からあっさり断られます。

「彼氏の宇田川先輩のとこでいいじゃん」と友人に言われますが、杏里は現在彼氏とケンカ中。就活と自分とどっちが大事なの?と彼に詰め寄ったのが原因でした。

友人からの「パパは?」という問いに、杏里は「再婚」と素直に答えます。でも友人は「そっちのパパじゃない」と言うのでした。

友人三人が出て行ったロッカー室に残された杏里は、ぼーっと一人座り続けます。

その頃、一人の中年男性が静かな部屋で丁寧にコーヒーを淹れ、トマトサンドイッチを作っていました。彼は栗山航。一人公園に行き、洋書を読みながらそれを頬張ります。

彼もまた一人静かに座っているのでした。

フランス料理店でアルバイトをしている杏里は、若い女性と中年の男性客の二人を接客しています。「お待たせパパ」という彼女の言葉に、思わず固まる杏里。

実はその日の昼間、杏里は友人から「パパ活」という言葉を聞かされたばかりだったからです。

泊まる場所もなく困っている杏里に、友人が言いました。「パパ活すればいいじゃん」

彼女によると、サイト登録は女性側は無料。出会い系とか淫行ではなく、お金持ちで色々なことに飽きちゃってて、夢を持ってる女の子に援助がしたいという男性とデートするだけでいいというのです。食事、カラオケでお小遣いももらえるというオイシイ話。

彼女自身には実は4人もパパがいるという言葉に、杏里はびっくり仰天!1回で2万円…一人思わず呟いてしまうのでした。

そんな中、友人が杏里の携帯で勝手にパパ活サイトに登録してしまいます。

「なに勝手に・・・!!」と慌てて杏里は取り上げますが、携帯画面には、“会員登録が完了しました”という文字が出ているのでした。

再びバイト先のレストラン。中年男性が若い女性にプレゼントを渡しています。凝視する杏里。

しかしそこへ一人の中年女性が到着し、「ママ、こっちこっち!」と女性が声をかけます。普通の家族であることがわかり、杏里は息をつきます。

仕事を終えて店を出ようとする杏里に、店の若いシェフ・柿沢実が声をかけます。「ななな、行くとこないならウチくるか?」

杏里は彼氏がいるからと断ります。しかし彼女がケンカしていることまで知っている柿沢は食い下がります。「何もしねえから遠慮いらないよ」

すると杏里が鋭く反撃。「ウソばっか!あんた遊んでるっぽいじゃない。ミーコがやめて私シフトきつくなってんですけど!」

柿沢は真顔で答えます。「入口は遊びだろ?本気になるかどうかは相手次第」

「あっそ。お疲れ様でしたー」杏里は軽く流して、店を出ます。

栗山は自室で原稿を書いています。そこへ妻の菜摘(霧島れいか)が帰宅しました。夕飯は適当に済ませたという夫に、菜摘は帰宅が遅くなったことを謝ります。しかし栗山は、「忙しいのはいいことじゃないか。きれいになったね。生き生きしてる。俺も嬉しいよ。」と言うのでした。

行く場所がなく、マンガ喫茶に泊まる杏里。狭い室内で足をぶつけて痛みにもだえます。友人からのラインもすげないものばかり。「まったくどいつもこいつも!」と怒りますが、一方パパ活サイトには驚くほどたくさんのアクセスが。「女子大生大喜び・・・か」思わず杏里は一人呟きます。

杏里は翌日、パパ活サイトで連絡をとった中年男性とデートをすることになりました。一緒に映画を観ている途中、手を握ってくる男性。カラオケでは大げさに杏里に向かって歌ってみせます。苦笑いするしかない杏里。

高級なステーキ店での食事。「留学したいんです・・・」と嘘を話そうとするも、男性が舌なめずりする姿を見て拒絶反応を起こしてしまう杏里。

「絶対ムリ!!私にはムリ!!!」

肉を最後に一欠けら口に放り込んでから、杏里は店を飛び出して逃げていくのでした。

大学の講義中。黒板の前には臨月近い女性講師。杏里はこそこそと友人にパパ活デビューの報告をします。「デブ、ハゲで絶対やめた方がいいって!」

「要は出会い系でしょう?」と反対する友人。一方別の子は「そこらへんののらりくらりが腕の見せどころでしょう?」とけしかけます。

私語の多い杏里たちを教師が叱ります。

「そこ!」「すみません・・・」

でもその後、彼女たちは意地悪く教師に話題を移します。

「あの人なんで臨月まで働くかな~?」「家にいるとモノ壊すからじゃん?」

ここで教師の逆鱗に触れました。

「出て行きなさい!真面目に受けるつもりないんでしょ?ここにいる全員そうよ!みんな出て行きなさい!」

そしてなんと彼女はその場で破水してうめき出してしまいます。パニックの教室。

栗山はその頃、一人公園で座っていました。遠く聞こえる汽笛。段々にあたりは暗くなり、彼は身支度をして立ち上がります。

杏里はケンカ中の彼氏のアパートを訪ねていました。ドアが開くなり頭を下げて謝ります。

「ごめんユウちゃん!就活大変なの知っててホントごめんなさい!」

しかし顔を上げると、目の前に立っていたのは友人のナギサでした。

「ナギサ!?」「杏里・・・」

そこへやっと彼氏の宇田川が出てきました。具合が悪くてナギサに看病を頼んでいたと話します。うろたえる杏里。

そこにトドメの一発。彼氏が杏里に言います。

「とにかく今日のところは帰ってくれ。」

「えっ!?私が!?」杏里でなくともオドロキあきれる展開です・・・

マンガ喫茶に入る杏里。「寝れるか!」と一人怒り暴れ、狭い室内でコップをひっくり返し大わらわ。「もーやだー!!」

翌日お茶をするいつもの4人組。さすがに友人の一人がナギサを叱ります。

「それはないってナギサ!そこだけはダメ!」激しくうなずく杏里。

でももう一人の友達が衝撃の事実を暴露。

「謝る必要ないって。もともとナギサの彼氏なんだし」

「え?」「え?」

ナギサは杏里のカレシ宇田川と、くっついたり離れたりしてる長い仲だったのです。二人が離れた時にたまたま杏里が付き合っていた。つまり杏里の方が宇田川にとっては浮気相手だったんです。

ナギサは、「杏里の幸せな姿見たらそれはそれで嬉しかった」と不思議な持論を展開。その上で、杏里さえよければ元サヤに戻りたいとのこと。

杏里はとうとうブチ切れます。(トーゼンですわな)

「お幸せに!私もナギサの幸せな顔見たいから!」

「よく言った!」チャチャ入れる友人に、「皮肉だよ!!バーカ!!」と答える杏里。

「杏里!」友達の声。

「止めないで!」「ワリカン!!」

「・・・オンナやめたいわ」そう呟くしかないカワイソーな杏里でした。

バイト先のレストラン。休憩でまかないご飯を前に呆けている杏里に、柿澤が声をかけます。

「食わないのか。俺が作ったんだぞ。」

食欲のない杏里に、彼は風邪かとやさしく聞きます。振り払う杏里。それでも「自宅でゆっくり話を聞いてやる」と柿澤が誘います。

「泊めてくれんの?」「ああ」

しばらくの間があってから杏里が一言。

「ケッコウです」

「え!?」

「あんた誰でもいいんでしょ!!」

「失礼しました・・・」

その夜、杏里はリーガロイヤルホテルのラウンジにいました。中年の男性が入ってきて、向かいの席に座ります。

杏里は顔を上げません。相手の顔を見ないまま話し出します。

「なんかどうでもいいんです。何か話を聞いてほしい、共感してほしいより、もっとなげやりな瞬間があるんだなーって。ゼンゼン知らない人にザツに扱われたいっていうか。

だって私思ってたより評価低いのわかったっていうか。友達もただの知り合いに毛がはえた程度っていうか。

仏文科の女子大生、テニスサークル入ってて、彼氏もいて・・・」

「仏文科?」男性が問いかけます。

顔をあげないまま杏里が答えます。

「でも何も喋れません。なんちゃって、で」

「そう」

「はーなんかどうでもいい。わかんない。明日になったら変わるのかも、変わるのかもだけどそんなブラックホールみたいは夜が・・・」杏里はすすり泣きし始めます。

そして初めて杏里は顔を上げました。

目の前にいたのはやさしく自分をみつめるハンサムな男性、栗山でした。

「行こう」彼は言って、彼女のスーツケースを持って歩き出します。慌てて追う杏里。

タクシーに乗り込む二人。美しい東京タワーが光ります。

「レジデンスソワレ」というマンションの前で車を降り、中に入ります。

栗山が言います。「ここが私の隠れ家というか。結婚生活が長くなるとね、男はどうしてもこういう場所がほしくなるんだ」

「そーなんですか」

「冷蔵庫。それほど高くないけどワインが。じゃあ」

栗山は部屋の鍵を杏里に渡して、一人玄関へと向かいます。

「え!?」驚く杏里。

「ゆっくり眠るといいよ。おやすみ」そして「ザツな扱いでしょ?」とほほ笑んで出ていきます。

残され、一人部屋をみつめる杏里。

杏里はベッドに入り、ぐっすり眠ります。本棚には、フランス語の本がびっしり。テーブルの上には、一冊の仏語の洋書“ラクロス・作「危険なリエゾン」”と成泉学院大学の封筒が置かれているのでした。

ドラマ「パパ活」の第1話の見どころ感想

ストーリーテラー・野島伸司さんの脚本の、話題作&問題作である本作・「パパ活」!

dTV・FOBでインターネットテレビドラマとして今年6月に配信されましたが、大好評だったために10月より毎週木曜深夜にフジテレビ地上波放送が決まりました!パチパチ。

こう聞いただけで、どれだけ面白い作品か伝わってきますよね!

そして主人公は今をトキメク飯豊まりえちゃん。パパ活のお相手はダンディな色気溢れる渡部篤郎さん。面白くないわけがありません。

期待も大きく、第1話を観ました。予想を超えたスバラシイ作品でした!

みどころはなんといっても「女子大生・杏里と中年男性・栗山航」との初対面シーンです。

そこに至るまでの伏線の数々、さすが名手・野島氏です!うなるしかない展開。セリフの端々がこのシーンにつながっていて、「ああこのシーンのためにこれまでのセリフや展開があったのか」とすとんと腑に落ちる。そんな感触でしたー。うますぎます!

初対面のシーンでのリアルで素晴らしいところは、追い詰められた杏里が、友人や彼氏、バイト先の知人の前ではなく、“見も知らない男性”に対して本心をさらけ出すところです。

杏里はかなりかわいそうな女の子です。

・母親に若い恋人ができてあっさり家を追い出された
・行く当てがないと知っているのに、友達は誰一人泊めてくれない
・彼氏は元カノとよりを戻そうとしていて、困っている杏里を放り出す
・バイト先の若者は、下心みえみえで家に泊めてやると誘う

でも彼女はとても逞しくて、ガンガン文句を言ったり、怒りをぶちまけることで、かなり明るく乗り切っています。
なかなかに魅力的な女の子で、とにかくカラッとしてて、ちゃきちゃき“江戸っ子”という感じ。

でも栗山に会った時は違いました。彼女はカシコイ女の子でもあったからです。自分が本当は周囲の人から大事にされていないことに気づいて、とても傷ついていました。だから初対面で、栗山に全てを吐きださずにいられなかったんです。

この独白シーンはとても胸に迫るものでした。

なんかどうでもいいと思うようになってしまったこと。
自分が思ってたより、評価が低いことがわかってしまったこと。

そして“ゼンゼン知らない人にザツに扱われたかった”こと。

これこそ、彼女が「パパ活」を選んだ大きな理由でした。ただ助けてもらうだけなら、バイト先の柿澤でいいんです。だってフツーのパパ活の相手だって、彼と同じように彼女に下心抱いて近づくはずなんですから。でもどうせ同じなのなら、ゼンゼン知らない人からイヤな思いさせられる方が彼女にはラクだったんです。

弱い立場の女の子の心理が、見事に表された名シーンでした。

この作品のすごいところは、とにかく全てリアルだということ。これを見て「ただのファンタジー」と思う人はいないはずです。

例えば、恋人ができて娘を追い出す母。こんなのめったにない、と考えますか?いいえ。

嫌な話ですが、母の恋人が幼児虐待の加害者なんて話は吐いて捨てるほどあります。

行く先がなく困ってるのに手を差し伸べない友人たち。最初の1、2晩でさえも、です。自分の生活を乱したくない。別の子に声かけて行先を探してあげるという労さえ惜しみます。スマホ一台で済む「パパ活」を紹介してハイ終わり。

また、ネットカフェなんてものがあるから、みんな、杏里の母親も含めて「どーにかなるでしょ」と思ってる。そして実際に「どーにかなってしまう」のが今の世の中なんです。

本当に大きな問題です。

でもお金は尽きる。腰も痛くなってくる。数日が限界です。心も擦り切れる。そして街を徘徊するようになった少女たちが、「パパ活」あるいは「援助交際」に流れるしかなくなる。

お小遣い目当ての子もいると思いますが、実際にはやむなくそうするしかない少女たちばかり。

そして「援助交際」「パパ活」なんて、本質をごまかした表現で済ます世知辛い世間。

野島さんはその現実を大きくえぐりとって見せてくれます。

個人的に印象に残ったのは、杏里たちの講義を受け持つ臨月近い女教師のエピソードです。

彼女はなんと教室で破水してうずくまってしまいます。

その直前、女教師をこそこそ揶揄(やゆ)する杏里達4人。教師は形相を変えてどなりつけます。そして「ここにいる全員まじめに私の講義聞くつもりないんでしょ!」とクラス全員に向かって叫ぶのです。

破水するまでがんばったのは明らかに間違いだけど、ここまでギリギリ勤めたのは彼女なりの深い理由があってのはず。引継ぎがうまくいかなかったのか、経済的な事情か。

妊婦が産休まで働くのはごく普通のこととなったけど、意外に今でも彼女たちへの風当たりは強く感じます。

特に若い子は、悪気なくきついこと言いますよね。加えて、妊娠中はホルモンの関係で精神中が不安定なもの。体もきつい。この教師の爆発は、なんだか今の社会で働く女性の叫びそのものに思えます。

野島さんはそこまで考えてこのシーン入れたんじゃないかなぁ。。。

若者同志のセリフのやりとりもみどころです。相手をブスリと刺すようなキツイことをあっけらかんと言い合う若さゆえの残酷さ。

でもお互い傷ついていても、明るくはねとばす大きなパワーを持ってる時代。

野島さんは、そういうこともじーっと長いこと観察してきた達人です。この先の鋭い視線も楽しみです。

幼くして父と離れ、初めて杏里が出会ったオトナの男性・栗山。初対面時、一目彼の顔を見ただけで彼女の心が揺れたのがみてとれました。

しかもあんなにスマートに、部屋の鍵を渡して笑顔で出ていかれたら!弱っていない杏里であっても、心奪われてしまいますよね~。

うーんこれからどうやって想いが育っていくのか気になります。野島さんですから、きっと一筋縄ではいかないはず!今後の二人の恋の行方に注目です!!

ドラマ「パパ活」の第1話の見どころ感想(視聴者の声)

女子大生とパパの新しい形?

最近流行りの「パパ活」を取り上げたドラマです。

普通の女子大生杏里は母親から家を出されたことをきっかけに、友達から「パパ活」を紹介されます。

デートだけでお小遣いが貰える楽ちんバイトだと言われますが、どこか抵抗のある杏里。

ところが、喧嘩中の彼氏と友達が繋がっていたことが分かったり、バイト先の友達といざこざしたりと、どこかモヤモヤした日々の中で自暴自棄になり、ついにパパと連絡を取ってみることに。

ホテルに現れたのは、どこか寂しい雰囲気のパパ。杏里は、自暴自棄になっており、適当に扱われたいと愚痴をこぼします。

そんな中、パパが連れて行ったのはパパの一人暮らし用のアパート。パパは「ここで眠れば良い」と言ってすぐに出て行ってしまいます。

第1話は杏里がパパ活を始めるきっかけについての導入部分といった感じでした。

ここから杏里とパパの関係やパパの謎めいた雰囲気などについて、どんどん見たくなります。来週も楽しみです。

今時の女子大生と余裕のある男のドラマ

訳あって家に帰れないまりえ。今時の女子大生はこんなのかと思わせる恋人とか、友人関係が表現されている。

また今時なのかパパを募集するサイトがある。そこに容易く登録して、軽い気持ちで男と会う。

また、今時なのか、お金に余裕のある男は容易くお金で女子大生とひと時を過ごす事ができる。

まりえは泊まるところがなかったり、恋人の裏切りなので自暴自棄になる。そんな時に渡部とサイトで知り合う。渡部は渋くて余裕のある男を演じている。

そんな男にまりえは好きになるでしょうね。同じ大学の教授らしく今後大学で別の大学生との取り合いになるでしょう。

そして妻との関係はどうなるかが見ものである。余裕のある大人の男と今時の女子大生とのもめごとのドラマである。今後楽しみです。

赤間杏里の描き方が非常にリアルだった第1話

野島伸司氏の作品は癖のある作品が多く、個人的にも好きな作品と苦手な作品にはっきり分かれているので今回の「パパ活」はどちらになるか一抹の不安がありましたが、第1話を視聴する限りではパパ活はかなりハマりそうな予感がしました。

第1話では、赤間杏里のリアルな悩みが中心に描かれていたので、そこが見どころになっているのではないかと思います。

特に杏里と同じ現役女子大生には共感出来るシーンがたくさん盛り込まれていたのではないでしょうか。

また、女子大生ではなくても現代の女子大生の生活を垣間見ることが出来る第1話だったと思われますから、自分はそういった視点から興味深く視聴することが出来ました。

これから、栗山とどう関わっていくかが楽しみです。

大人の深みのある恋愛模様

身体の関係はなく、デートをするだけで金銭的援助をしてくれる男性との交際、それが『パパ活』。テーマこそ重たいものですが、現代社会にも通じるところがあります。

母親に恋人ができたことで、家を追い出されてしまった杏里(飯豊まりえ)は、頼るあてもなく、ネットカフェで寝泊まりしながら大学に通うことになります。

そんな時、友人から『パパ活』の存在を聞き、背にはらは変えられぬとサイトに登録します。

そのサイトを通じて三人と会い『パパ活』してみますが、うまくいかず、そんな折りにさらに彼氏には振られ、友達には裏切られと悲しみに暮れる杏里。

次に『パパ活』で 航(渡部篤郎)という男性に出会い、紳士的な態度と、寂しげなそのたたずまいが次第に気になり出し、という少し大人向けのドラマです。

インパクトの強いタイトル

パパ活というものが何か知らなかったので、ドラマを見て理解しました。杏里は普通のおじさんとのデートに嫌気がさして逃げ出したり、リア充キラキラ女子からの挫折だったり、今どき女子大生のリアルな心情が描かれていたのが良かったです。

行き場を失って何もかもがうまくいかない杏里が、雑に扱われたいと止めたはずのパパ活をもう一度利用してしまうのは、自暴自棄になれば間違った行動をおこしてしまうのも無理ないかなと思いました。

でもあんな紳士な男性に巡り会えることは普通はありえないと思うので、パパ活はきっかけのテーマなだけで、話は違う方向に進んでいくみたいなので、タイトルのインパクトが強いだけに話の展開によってはパパ活どこいった?となりかねないので、今後の展開も楽しみです。

誰も頼れなくなった時に出会った人

主人公が母親に追い出されてしまい泊まるところがないという悲惨な状況に同情しつつ、身近な人だと思っていても本当はそんなことはないんだなという現代社会の薄っぺらい人間関係を見せつけられたようで悲しいなと思いました。

パパ活という少しドキッとした題名ですが、主人公が体を許すところまで割り切れていないことろが、まだかわいくて救いがあるなと思いました。

そして恋人と友人にも裏切られてしまって寝るところがない現状に心身共に疲れてしまった時に出会ったパパが、それまで出会った人と全然違う雰囲気で心を許してしまう気持ちもわかるなと思いました。

人間関係が薄っぺらい時代だけれども、やはりさびしくて人と人とのつながりや触れ合いを求める人が沢山いるんだろうなと感じました。

パパ活2話のあらすじネタバレ
パパ活3話のあらすじネタバレ
パパ活4話のあらすじネタバレ
パパ活5話のあらすじネタバレ
パパ活6話のあらすじネタバレ
パパ活7話のあらすじネタバレ
パパ活最終回のあらすじネタバレ

パパ活ドラマ動画1話から最終回はどこで見れるの?AD


パパ活ドラマ動画1話から最終回はフジテレビ公式FODでみれます。

FODはフジテレビの公式動画配信会社です。

Amazon Pay及びアプリ内課金の登録でパパ活ドラマ動画1話から最終回が全て無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

この他にも
パパ活(2019年6月25日まで)
人は見た目が100%(2019年4月12日まで)
コンフィデンスマンJP(2019年4月8日まで)
⇓   ⇓   ⇓ 
コンフィデンスマンJP全話あらすじネタバレ

などが無料で見れます。

ドラマ『パパ活』はFODで見放題扱いの作品なので追加料金無しで全話無料で視聴できます!

さらにFODでは8日、18日、28日にそれぞれ400ポイント(合計1200ポイント)もらえるので、それを利用すればポイントが必要な作品も無料で見られます!

Amazon Pay及びアプリ内課金でパパ活の1話から最終回が全て無料で見れます。
⇓   ⇓   ⇓   
Amazon Pay及びアプリ内課金を利用して登録すると、1ヶ月無料【FOD】

-パパ活

Copyright© ドラマ動画配信無料 , 2018 All Rights Reserved.